お葬式に呼ばれたら

お葬式に呼ばれたら

お葬式

 

法要に加わる

 

法要に招かれたら、疾病などの止むを得ない事情が無い限り、原則的に出席するのが基本です。

 

逆に、いくら世間の縁故があったとしても、こちらから出席を申し出るのは避けましょう。

 

仏式の法要は、寺院や自宅、斎場で執り行われます。当日は、法要が開始される20分くらい前に来ることを心がけましょう。

 

施主に挨拶をし、「どうぞご仏前に随行え頂きたく思います。」と言葉を付与して、供物料や供物を差し出してます。

 

供物料とは?

 

法要に招かれたら、供物と供物料、あるいは両方を持参します。ちなみに、今の時代は供物料を包むケースが増加しています。

 

供物料は、故人との間柄などに関係する形にはなりますが、平均額は5千円〜2万円程で、1万円を包む人出が多いと聞いています。(基本的に参考です)

 

供物料を包む ~不祝儀袋の表書き~

 

  • 仏式・・・黒白か双銀の水引で表書きは「御仏前」、「御供物料」、「ご香料」
  • 神式・・・黒白か双銀、双白の水引で表書きは「御玉串料」、「御霊前」
  • キリスト教式・・・金は原則的に包みません。

 

食事のおもてなしをやって頂く際は、「御花料」に替えてお金を包みこみます。

 

 

法要の流れ

houyou

 

法要では、僧侶の読教、焼香などが行われます。

 

法要その先は墓参りを行ないますが、場合によっては墓参りは身内だけで行われます。

 

法要後は、「お斎(おとき)」にあたる会食の席が設けられます。席次は、僧侶が上座に座り、友人、親類の順に座ります。

 

喪主の指示があれば、その限りではありません。喪主の挨拶の後は、食事をしながら、故人の思い出話などをして、故人を偲びたいものです。

 

法要の際のスタイルは?

 

一周忌迄の法要は、略礼服を着用します。男性の人はブラックスーツ、女の人はブラックフォーマルです。

 

和装のケースは、通常の色無地に黒帯を締めます。

 

三回忌からは、一般的な平服でも問題ありません。男性陣はダークスーツに地味色のネクタイを締めます。女性陣は無地な色のスーツやワンピース、アンサンブルを選び取ります。

 

案内書状への応答

 

法要の案内状がお届けできたところで、早期に出欠の返事をしましょう。答申用はがきを出したうえで、電話で通知のお礼を述べると丁寧で好印象です。

 

避けられない事情で欠席の場合は、返信はがきのお詫びの一文を添えるか、電話で改めてお詫びをします。

 

そして、法要の当日の前に届く様に供物料か供物を便宜をはかり、出席できない理由や謝りを記した手紙を足して送ります。

 

参加の場合

 

この度はご愁傷さまで在り得ます。主人には御存命の頃、親しく付き合い頂きました。心よりご冥福をお祈りご報告します。

 

欠席の場合

 

○○様の一周忌のご法要にご招待もらって、恐れ入れられます。ご法要にはできるだけお参りさせて貰うつもりでましたが、あいにく○○○○の予定が入ってしまったようです。

 

誠に御免なさいが、欠礼行なわせていただきたく、すみません。

 

些細では上げられますが、同封のものでお花などを御仏前にお供えみることをお薦めします。

 

とり急ぎ、書面にて不参のお詫びをご報告します。

 

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 葬儀費用がない.com


おすすめの葬儀社 サイトマップ