通夜ぶるまい・精進おとし

通夜ぶるまい・精進おとし

通夜ふるまい

 

長居・飲みすぎはNGです!

 

通夜の後の「通夜ぶるまい」、忌明け法要後の「精進おとし」、法要の後の「お斎」など、お葬式において参列者はお酒や食事が振る舞われます。

 

出席者へのお辞儀やお清めと、故人の供養という意味で行われるので、喪家にすすめられたら、躊躇うことなく一口でも箸をつけるのが行儀作法です。

 

ただし、いくら振る舞われたからといってもそこまで長居はせず、周囲を見てタイミングを見計らって退席することも作法です。

 

また、これらはあくまで飲みの席ではありませんので、アルコールを大量に呑んで気分を良くしたり、大声をたてて周囲に迷惑をかけないことが肝要です。

 

 

通夜ぶるまいなどの席の座り方

 

僧侶は最高座、遺族や喪主は末席に座ります

 

通夜ぶるまい、精進おとし、お斎は、喪主がそれまでにお世話になった方のアフターケアをするための席です。

 

僧侶が出席している場合は、最多座に、手伝い役、会社関係者、友人や近辺、ご親族の順に座り、遺族や喪主は戸口のそばに位置する末頃席に座るのがマナーとされています。

 

もし、喪主が事前に席を言い渡して下さっている際にはそれに従いましょう。

 

乾杯ではなく献杯(けんぱい)

 

故人を偲んで杯を褒めちぎることを、「乾杯」ではなく「献杯」といいます。

 

献杯によっては、精進おとしてや法万時のお斎でははじめに行われます。

 

故人の位牌に至るまでに蒸留酒を入れた杯が供えられ、人々に杯とアルコールが渡されます。

 

喪主の挨拶後、親族または故人と両親、親しかった友人が献杯のご挨拶(故人との思い出などを述べる)をし、最後に「献杯」と物音ひとつしない声でおっしゃって、杯を軽く上げ上向かせます。

 

相手方全員も「献杯」と語って、同様に杯を上げます。

 

この時、杯を高額になり掲げたり、近場にいる人と杯も含めたりしてはいけません。口に引っ付けた後、拍手もしません。

 

文字で書いてもイマイチ分かりづらい・・・という方のために、Youtubeで分かりやすい動画があったので貼っておきます。参考にしてみてください。

 

 

献杯の仕方は、宗教や地方によって異なりますので、もし心配なら予めネットで調べておくことを強く推奨します。

 

 

自宅へ戻ったら・・・葬儀直後のお清めの作法

okiyome

 

葬儀へ顔を出した後は、家に入る前にお清めをしてみましょう(浄土真宗以外)

 

まず、家に居る人に手に水をかけてもらいます。

 

さらに、胸、背中頃、足元に塩をかけてもらい、体を清めます。戸口より前に塩をまいてもらい、位置付けして清めるという手もあります。

 

これらを自分で行なう場合は、葬儀へ向かう前にミネラルウォーターと塩分を戸口の外に予め置いておき、帰宅の際に自らの手で清めます。

 

場合によっては上の画像のように葬儀社が清めの塩を準備してくれるところもあるで、是非とも利用してみてください。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 葬儀費用がない.com


おすすめの葬儀社 サイトマップ