基本的な葬儀マナー

基本的な葬儀マナー

お葬式の服装

 

普段葬儀に参列することが無い人(特に若い人)だと葬儀関連では分からないことだらけです。

 

  • 香典の値段は?
  • 数珠って何だろう?
  • 衣装は?
  • あいさつのやり方は?

 

などなど・・・疑問は尽きません。

 

現にヤフー知恵袋などでもお葬式のマナーについては沢山の質問がされています。

 

ヤフー知恵袋「葬式 マナー」

 

 

訃報はいきなりやって来るケースが大半なのでお葬式(葬儀)マナーは事前にリサーチしておくことが必須です。

 

このエントリーはそんな突然のお葬式(葬儀)へ参列することになった方に葬式(葬儀)に関するささやかな礼儀作法を覚えてもらえればと思い書きました。

 

 

まず、訃報の知らせを受け取ったら最優先第一に行うことは葬式(葬儀)の日程と場所、宗教などの確認です。

 

国内の葬儀は仏式の葬式(葬儀)が絶対的多数ですが、それでも事前に調べて失礼ないようきちんと準備をすることは欠かせません。特に不祝儀袋は宗派に応じて記帳する名義が違うのでご注意下さい。

 

また、ここ最近ほど増加してきているのが葬儀費用がないために資金節約という意味での「家族葬」と「密葬」です。

 

これらの葬儀は通夜や葬儀に参列するにも遺族の承認が必要です。

 

この際に「旧知の仲なのでどうしても・・・!」と無理に食い下がるのは遺族にご迷惑おかけするので、やめましょう。

 

 

通夜と本葬、どちらに参列すれば良いのか?

tsuya

 

通夜とは故人に別れを知らせ冥福を祈る式事で、現実には眠らないで故人に同伴し、お仕舞いの時を過ごすことを理由に始められたものです。

 

この間に参列者は故人に別れの挨拶を告げ、翌日の本葬(火葬・土葬など)に臨むこととなります。

 

この通夜と本葬を含めて葬式(葬儀)といいます。

 

さて、ここで「告別式は?」と思われた方がいるかもしれません。告別式は厳密には葬儀の一部には含まれず、故人の友人や近隣住民、仕事上の仲間などに充実したお別れの場を提供するという理由で行われるものです。

 

遺族や近親者(血縁要因)は当然ながら通夜と葬式(本葬)の両方に参列行います。

 

友人や知人、仕事上の関係者、得意先の方などで、片方しか参列できないというのならば通夜に参列するのが最適です。

 

今更ですが本葬に出席しても問題ありませんが、火葬を伴うものが多いので故人の知人は参列するのであれば通夜の方が都合が良いはずです。

 

親族以外であれば参列は告別式だけでも礼儀違反には当たりません。

 

「お通夜」は夜に行われ、「告別式」は日中に行われるのですが、仕事の内容などで昼間に顔を出すことが出来ない方が多くいる都市部でどちらも夜間に行われることもあります。

 

追記:忌引きの扱いは三親レベルまでです。

 

 

遺族にメールやラインでお悼みを送るのは礼儀違反!

LINE

 

最近増えているのが訃報を知って遺族に「お哀しみ申し上げます」などとEメールを送る手法です。

 

いくらデジタル社会ではありますが、こういうやり取りは重大な行儀作法違反に当たるので避けるべきでしょう。

 

葬式(葬儀)はよほどの理由でも無い限り自分の足で赴き、故人に対して失礼の無いよう完全にお別れを伝えたいものです。

 

服装について、黒色であればダークスーツでも許されるのか?という点について疑問をお持ちの方は多いと思います。

 

急な葬儀で正式な喪服がない場合はダークスーツですぐに駆けつけても大丈夫です。

 

しかし本葬の場合にダークスーツなどは儀礼違反でしかないので、黒いスーツに限ります。

 

黒いスーツでもストライプが入ってるものなどはあまり好ましくありません。

 

ワイシャツは白、ネクタイは黒は最低限の礼儀作法ですのでそこだけはきちんと順守しましょう。

 

comment
お葬式は故人への悼みを表すことが何より大事な場ですが、それでも最低限もマナーや身だしなみは存在します。あまりにも適当な服装で行って迷惑をかけることは避けたいですね。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 葬儀費用がない.com


おすすめの葬儀社 サイトマップ