小さなお葬式は情報管理が大事

小さなお葬式は情報管理が大事

家族葬について

小規模なお葬式で親切心や各人の価値観がアダになってしまう――これは残念なことです。ですから、家族葬を行う際は、それなりの″覚悟″も必要なのです。

 

  • 「呼ぶ人以外には絶対に声を掛けない」
  • 「呼ぶ人にも『人数限定』である旨をしっかり伝える」

 

ということが重要。大げさに言えば、「籍口令」的な措置を取らなければなりません。

 

人を限定している」葬儀である以上、これは仕方がないことでしょう。

 

いくら家族葬が一般化したとはいえ、その定義(呼んだ人だけ限定)を理解していない人や、今でも「葬儀は広く人を集めるもの」という価値観の人もいます。そのような人に、葬儀の「場所」と「時間」を言ってしまったら、それは「来てください」と言っているようなものです。

 

そして、実際に葬儀に来た人を「来るな」と追い返すのは、現実的には心苦しく、難しいことです。

 

呼ぶ人に対しても、「案内は特定の方のみにさせていただいておりますので…」「他には声を掛けないでくださいね」という意向をはっきり示しても黙っていてもらわなければなりません

 

あるいは、事前に「故人の遺志につき、家族葬を行いますので、辞退申し上げます」といったお知らせを回します。 ここまでクギを刺せばわかってもらえます。時代はここまで大きく変わっているのです。

 

このように家族葬には、いわば徹底した情報管理が必要なのです。

 

お葬式に呼ばれなかった人の気持ち

 

「何で自分は呼ばれなかったのか・・・」

 

故人と親しかった人はもちろんのこと、故人が生前に仕事関係などでお世話になった人や遺族が家族ぐるみでお世話になっている人などに対して葬儀のことを黙っているのは、もちろん失礼なことです。

 

そこで、葬儀を家族葬で行ったことを報告する……すると、新たな問題が発生する場合があります。

 

「自分はあの人とは生涯渡っての大親友だったつもりなのに、なぜ呼んでくれなかったんですか・・・」

 

と言い出す人がいます。

 

自分は故人と親しい間柄だと思っていたのに、自分よりも故人との間柄が親しくないと思っていた人は葬儀に呼ばれていた・・・自分は呼ばれていない……これは確かにショックですよね。

 

家族側からしたら非常につまらないことと思えるかもしれませんが、こういった「人の気持ち」の問題は、とても面倒なもの。

 

ですから、「誰を呼ぶか」という問題は、とでも重要になってきます(この問題は別ページでまた詳しく説明します)。

 

 

次から次へと自宅に人が訪れる

hito

 

また、物理的な問題も出てきます。

 

身内のみの家族葬で旦那様の葬儀を済ませ、遺骨を自宅の仏間に置き四十九日の法要を待つ奥さん……やれやれと思う問もなく、相続の手続きや遺品の処分など、各種の整理を始めなければならず、気持ちも落ち着きません。

 

そんなとき、「ピンポーン」と玄関のチャイムが鳴ります。出てみると、近所の知り合いご夫婦がかしこまった顔で立っています。

 

「知らなかったとはいえ、失礼しました。ぜひお線香だけでも……」

 

ありがたいことなので、奥さんはご夫婦を家に上げ、応対をします。

 

そしてご夫婦が帰った2時間後……またチャイムが「ピンポーン」と。

 

「このたびはご愁傷様で……」

 

今度は知らない男性が3人.聞けば、旦那さんが生前入っていた地域の囲碁クラブのメバーだと言います。どこからか旦那さんの死を聞き、訪れたのです。

 

「ぜひお線香だけでも……」

 

こんなことが何回も、何日も続いてしまったらどうでしょう?

 

「こんなことなら、最初っからみんなに声を掛けていればよかったかも……」

 

きっと誰もがこう思うはずです。

 

家族はそのたびに訪れる人の応対に追われ、肉体的にも精神的にもクタクタになってしまいます。しかも、訪れた人が香典や供物を持参してきた場合には、また後日、お返しを送る作業をしなければならないわけです。

 

このように、葬儀の人数を制限してしまった弊害として、葬儀後に気を利かせて訪問してくれた人に対して、 一人ひとりその都度時間を割いて対応しなければいけないのはとても骨が折れる話です。

 

 

 

家族葬に向かない人

 

仕事を含め、組織で重要な役職についていた人、地域の自治会などさまざまなコミュニティに参加していた人、交友関係の広い人などは、「家族葬で済ませる」ということは、現実的に難しいと言えますc前述のように、情報管理、後のフォローが大変だからです。

 

人数を限定しない一般葬であれば、参列者が大勢で当日が大変、という半面、「御礼と挨拶を、 一度で済ませられる」というメリットもあります。

 

著名人が身内だけの葬儀の後であらためて「お別れの会」を開催するのも、こういった理由からです。ただし、 一般人は何も2度もお別れをする必要はありません。

 

一度で済ませられるものは済ますべきでしょう。エンディングノートで「俺の葬儀は家族葬でよろしく」と書かれても、人によってはやらないほうがいい場合もあります。

 

なぜなら本人だってエンディングノートを書く際にそこまで深く考えているとは限らないんですから。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 葬儀費用がない.com


おすすめの葬儀社 サイトマップ