葬儀の香典について

葬儀には収入もある

香典

 

葬儀というと、とにかくお金がかかる印象がありますが、実は葬儀には収入もあります。 

 

それが香典です。

 

故人を送る葬儀の場で「収入」という言葉を持ち出すのは多少いやらしい感じがしますが、とにかくお金がかかる葬儀では香典は大事な存在であることは間違いありません。

 

特に葬儀費用の工面に困っている喪主様にとって、香典は見過ごせない存在です。

 

香典とは文字にある通り、香や線香の代わりにに仏前にお供えをするものという位置付けにあります。

 

これは本来、仏式葬儀特有のものだったのですが、現代では宗教・宗派に関係なく葬儀に際してお悔やみの心を示すものとして通夜かお葬式の際に喪家に渡すことが一般化しています。

 

香典には葬儀を執り行う喪家への慰労の意味もあり、故人と直系親族であっても喪主や同居家族以外の人は持参するのが習わしとなっています。

 

 

香典の相場金額

香典の金額は、親族であれば故人との血縁の濃さで決まり、親族でなければ故人との付き合いの深さによって決まります。

 

また、贈り主の年齢や地域差などでも変動することがあるので絶対にコレという金額を出すのは難しいものがあります。

 

そこで、一般的な目安を下記に記しておきます。参考にして頂けばと思います。

 

  • 祖父母 3万〜5万円
  • 父親・母親 5万〜10万円
  • 兄弟・姉妹 3万〜5万円
  • 伯父・伯母 1万〜3万円
  • 叔父・叔母 1万〜3万円
  • 上司 1千〜3万円
  • 同僚 1万円〜3万円
  • 部下 5千円〜1万円
  • 友人・知人 1万円〜3万円
  • 隣近所 5千円〜1万円

 

 

葬儀費用は「支出」と「収入」の差し引きで考えます

 

葬儀に参列する人が持参する香典の金額には、生前の故人との関係などによって金額が決まるのが通例となっています。したがって、故人の上司よりも部下や同僚の方が香典を多く出してくれるというようなことも珍しくはありません。

 

 

 

葬儀において、香典について考えることは不謹慎と思われるかもしれません。しかし、葬儀は数百万円単位でかかるものなのでお金の収支について気にしないというほうがある意味難しいのも事実です。

 

しっかり計画を練って良い葬儀にしたいものですね。

 

comment
香典のマナーなどについてはNaverまとめの香典のページが分かりやすかったのでよかったら参考にしてみてください。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 葬儀費用がない.com


おすすめの葬儀社 サイトマップ